園基衡(読み)その もとひら

美術人名辞典の解説

園基衡

江戸中期・後期の公卿・華道家。第十七代青山流生花の祖。園基香の子。元名基望。仕えて正二位大納言に至る。天明6年に落飾し法名澄観といった。著書に『活花手引』がある。寛政6年(1794)歿、74才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

園基衡 その-もとひら

1721-1794 江戸時代中期の公卿(くぎょう),華道家。
享保(きょうほう)6年閏(うるう)7月8日生まれ。宝暦9年権(ごんの)大納言,12年正二位。青山流生花の家元で,「活花手引草」をあらわす。寛政6年5月10日死去。74歳。初名は基望。著作に「京極宮家和歌短冊帖」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android