北方戦争(読み)ほっぽうせんそう(英語表記)Northern War

  • nothern War
  • ほっぽうせんそう ホクハウセンサウ
  • ほっぽうせんそう〔ホクパウセンサウ〕
  • 北方戦争 Severnaya voina

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

1700~21年バルト海の支配権をめぐるロシアスウェーデンとの戦争デンマークノルウェーポーランドザクセンがロシア側につき,14年からはプロシア,ハノーバーもロシア側に参加。 1700年 11月ナルバの戦いでスウェーデン軍に敗北したピョートル1世 (大帝)は,翌年にはノーテブルグの要塞を奪い,03年にはネバ河口にペテルブルグを建設,バルト海への根拠地とした。カルル 12世に率いられたスウェーデン軍は 08年ロシアに味方したザクセンとポーランドを破り,モスクワへ進出しようとしたが,ピョートル1世指揮下のロシア軍の反撃にあって南下カルル 12世はウクライナ・コサックの頭目 I.マゼーパと結んで再びロシアを攻撃しようとしたが,09年7月ポルタバの戦いで決定的な敗北をこうむった。 10年ロシア軍はリガ,レーベリ (タリン) ,ブイボルグなどを占領,14年にはスウェーデンの艦隊を破ってバルト海の制海権を奪取した。 20年ロシア軍がストックホルムに進撃しようとしたので,スウェーデン側は講和のやむなきにいたり,21年9月 10日ニスタットの和約が締結された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

1700~1721年、バルト海の支配権をめぐって、デンマーク・プロイセンなどと結んだロシアとスウェーデンとの間で行われた争。当初はスウェーデンが優勢であったが、ポルタバ戦い転機ピョートル大帝のロシアが勝利をおさめ、1721年のニスタット条約でバルト海東岸を獲得、強国地位を得た。大北方戦争。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

1700年―1721年にわたり,バルト海域の覇権をめぐって行われたスウェーデンとロシアとの戦争。ポーランド,デンマークがロシアに荷担。1704年スウェーデンはナルバの戦でロシア軍に大勝。敗れたロシアはピョートル1世の下で国内体制をたて直し,1709年ポルタワの戦で大勝し戦局を逆転。1721年ニスタット条約を結んだ。この結果ロシアはバルト海に進出,国際的地位が高まった。
→関連項目アウグスト[2世]エストニアカール[12世]スウェーデンデンマークピョートル[1世]マゼパラトビアロシア

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1700‐21年に起きたスウェーデンとロシア,ポーランド,デンマークなどとの戦争。17世紀末のスウェーデンは,〈バルト海帝国〉と呼ばれる未曾有の政治的版図を形成し,バルト海貿易を独占する北東ヨーロッパの強国であった。これに対して領土奪還をねらうロシア,デンマーク,ザクセンとの間に,1699年北方同盟が結ばれた。とくにロシアのピョートル1世は,バルト海への出口を求めて,1700年スウェーデンに宣戦したが,11月にはフィンランド湾の要塞ナルバで敗北を喫した(ナルバの会戦)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

1700~21年バルト海支配をめぐりスウェーデンとロシア・ポーランド・デンマークなどが行なった戦争。はじめスウェーデンが優勢だったが、1709年のポルタバでの戦いにピョートル一世が大勝。優位に立ったロシアはバルト海沿岸に進出しペテルブルクを建設した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

一七〇〇~二一年のバルト海をめぐるロシアのピョートル一世とスウェーデンのカール一二世の戦争。ポーランド・デンマークがロシア側につく。カールはデンマークを征服した後ポーランドに侵入したが、ポルタバの戦で敗れ戦争はロシアの勝利に終わる。二一年のニスタット条約で、ロシアはバルト海東岸の地を得、海への出口を確保した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版の解説

1700〜21年に行われた,スウェーデン対デンマーク・ポーランド・ロシアなどのバルト海支配をめぐる戦争
初めロシアのピョートル1世はナルヴァの戦いでスウェーデン王カール12世に敗れたが,のちウクライナに侵入したカールの軍をポルタヴァの戦いに破って戦局を転換し,1714年には海戦でも勝利を得てバルト海の制海権を握った。この結果,1721年にニスタット条約が成立し,ロシアはバルト海東岸の地を得て海への出口を確保した。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

特任教授

大学・研究機関で特定有期雇用教員について、便宜上「教授」などの名を付したもの。外部研究資金によるプロジェクト等により、講座を開いたり学生の指導をしたりなど、特別の必要があるとき、期間を限って教員を特別...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android