コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

知識学 ちしきがくWissenschaftslehre

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

知識学
ちしきがく
Wissenschaftslehre

ドイツの哲学フィヒテの主張した学問知識基礎づける知の形而上学であり,真の哲とされた。一般には知識およびその体系としての個別的学問の前提,基礎,方法を対象とする学問であり,方法論と等しいものと考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちしき‐がく【知識学】

《〈ドイツ〉Wissenschaftslehre》広義には、知識の根本原理・方法・前提などを明らかにする哲学的理論。狭義には、フィヒテのいう学一般を基礎づける知の学としての哲学をさす。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ちしきがく【知識学 Wissenschaftslehre】

フィヒテが1794年から1813年にかけて執筆・講義した体系的論述の総称。従来《全知識学の基礎》(1794)を指す場合も多かったが,今日では研究の中心は変貌する〈知識学〉の全体的構造をとらえることに移っている。1794年の叙述と,97年の《知識学の新叙述の試み》(第1,第2序論が有名)では道徳界と自然界の関係を中心とし,1801年《知識学の叙述》では神があらゆる現存在の基礎として出現する。絶対知の背後に,絶対者・存在を求める。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ちしきがく【知識学】

人間の知識および学問一般の基礎・目的・方法などを研究する哲学の一部門。通常、認識論と論理学を含む。フィヒテにおいては、これが学一般の学としての哲学と同義とされる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の知識学の言及

【知識】より

…すでにプラトンが,間接的な識別知としての〈ディアノイアdianoia〉の上位に,問答法ないし弁証法によって到達されるべき一種の直覚知を置き,それ以来,感覚的臆見,間接的識別知,直覚知という三分法は,西欧の思考の歴史において広く行われてきた。フィヒテの〈知識学〉やヘーゲルの〈絶対知〉にいう知ないし知識は,この伝統をふまえて,識別知と識別以前ないし識別を超えた直覚知にいわばあいわたる微妙な位置を占めている。この高次の知は,たとえばベルグソンになると,動物の本能にも比せられる〈直観〉として,直覚的性格をふたたびあらわにするが,それが近代実証科学の目覚ましい成果に幻惑され,識別的知識と安易に短絡されると,人間をかつての神に代わって自然を支配すべきものの位置におく悪しき意味での人間中心主義ないし主体主義の哲学を生むことになる。…

【フィヒテ】より

…この〈無神論論争〉でフィヒテに好意的だったプロシア政府が,彼を終生の地ベルリン大学に迎えた。 フィヒテは《全知識学の基礎》(1794)で,自我中心の体系原理を確立する。第1原則〈自我は根源的に絶対的に自己自身の存在を定立する〉,第2原則〈自我に対して絶対的に非我が反定立される〉,第3原則〈自我は自我の内に可分的な自我に対して可分的な非我を反定立する〉。…

※「知識学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

知識学の関連キーワードボザンケット情報知識学会先験的観念論ドイツ観念論ボルツァーノ正・反・合ニヒリズムシェリング消極哲学論理学記憶術事行同義科学

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

知識学の関連情報