文旦(読み)ぼんたん

精選版 日本国語大辞典「文旦」の解説

ぼん‐たん【文旦】

〘名〙 (「ぶんたん(文)」の変化した語) 植物「ザボン(朱欒)」の異名。《季・冬》
※風俗画報‐二四九号(1902)地理門「此地文丹(ボンタン)と名づくる果を産す夏蜜柑の如くにして其大さ六七歳なる小児の頭の如し」

ぶん‐たん【文旦】

〘名〙 植物「ザボン(朱欒)」の異名。《季・冬》
※蝶衣句稿青垣山(1933)〈高田蝶衣〉「文旦撫でて嵐にゆれし日をおもふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「文旦」の解説

文旦 (ブンタン)

植物。ミカン科の常緑低木。ザボンの別称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

光合成

光のエネルギーにより生物が二酸化炭素を同化して有機化合物を生成する過程。緑色植物の場合には,クロロフィルおよびカロテノイドの働きにより光のエネルギーを吸収し,6CO2 + 12H2O → C6H12O...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android