苦味(読み)にがみ

精選版 日本国語大辞典「苦味」の解説

にが‐み【苦味】

〘名〙 (「み」は接尾語。後に「あじ」を意味する「み(味)」の意識が加わった)
① (いと感じる気持から転じて) 不愉快な心持。つらい心情。
※言継卿記‐大永八年(1528)二月一一日紙背(女房消息)「こしがいたく候などとてにかみにて候」
② 味の苦いこと。また、その度合。にがさ。
※バレト写本(1591)「nigami(ニガミ)ヲバ ハヤ キミノ アジワイハタシタモヲモッテ」
③ 男の顔や気持についていい、渋さを含んだひきしまった感じ。柔弱でない、人生の深淵を知っているようなきびしさ。
※葉隠(1716頃)一「うやうやしく、にがみ有て」

く‐み【苦味】

〘名〙 にがい味。にがみ。転じて、物事の持っている、または、物事から受ける、そのような感じ。
※夫婦(1904)〈国木田独歩〉六「彼の性情は酸味苦味(クミ)がない」 〔管子‐幼官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

栄養・生化学辞典「苦味」の解説

苦味

 苦(にが)みともいう.五原味(基本味)の一つ.キニーネがしばしば標準物質とされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

デジタル大辞泉「苦味」の解説

く‐み【苦味】

苦い味。にがみ。
[類語]ほろ苦い苦い苦み渋い渋みえぐいえがらっぽいいがらっぽいえがらいえぐみビター

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「苦味」の解説

【苦味】くみ

にがみ。

字通「苦」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android