苦味(読み)にがみ

精選版 日本国語大辞典「苦味」の解説

にが‐み【苦味】

〘名〙 (「み」は接尾語。後に「あじ」を意味する「み(味)」の意識が加わった)
① (いと感じる気持から転じて) 不愉快な心持。つらい心情。
※言継卿記‐大永八年(1528)二月一一日紙背(女房消息)「こしがいたく候などとてにかみにて候」
② 味の苦いこと。また、その度合。にがさ。
※バレト写本(1591)「nigami(ニガミ)ヲバ ハヤ キミノ アジワイハタシタモヲモッテ」
③ 男の顔や気持についていい、渋さを含んだひきしまった感じ。柔弱でない、人生の深淵を知っているようなきびしさ。
※葉隠(1716頃)一「うやうやしく、にがみ有て」

く‐み【苦味】

〘名〙 にがい味。にがみ。転じて、物事の持っている、または、物事から受ける、そのような感じ。
※夫婦(1904)〈国木田独歩〉六「彼の性情は酸味苦味(クミ)がない」 〔管子‐幼官〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

漁夫の利

《シギとハマグリが争っているのを利用して、漁夫が両方ともつかまえたという「戦国策」燕策の故事から》両者が争っているのにつけ込んで、第三者が利益を横取りすることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android