土佐行長(読み)とさ ゆきなが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土佐行長 とさ-ゆきなが

?-? 鎌倉時代の画家。
「土佐家系図」に藤原隆親(たかちか)の子とある。京都の北野天満宮の縁起(えんぎ)をかいた「荏柄(えがら)天神縁起絵巻」の奥書に,「元応(げんおう)元年12月1日(1320年1月11日)右近将監藤原行長」とある人物とは年代がはなれており,別人であろう。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android