コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

奥書 おくがき

6件 の用語解説(奥書の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

奥書
おくがき

巻物や書物の最終行の次に書かれた記事。古来,用紙の右端を端 (はし) ,左端を奥 (おく) と呼んだことから生れた呼称。これに対し,書出しの部分を端作り,右端の余白に書かれた記事を,端書などと呼ぶ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おく‐がき【奥書】

著作や写本などの巻末の、著者名・書写年月日・来歴などについての書き入れ。識語(しきご)。
官公署で、書類に記載された事項が真正であることを証明するために末尾に書く文。
芸能で、奥義伝授のときに門弟に授ける証文。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

奥書【おくがき】

書物,巻子本(かんすぼん)などの巻末に,本文とは別に,著者,旧所蔵者,あるいはその書物を読んだ人などが書き込んだ年月日,署名,由来,感想など。その本の伝来や性格を知るうえで有力な参考となる。
→関連項目北野天神縁起絵巻字鏡集たまきはる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おくがき【奥書】

書誌学上の用語。典籍のうち写本の巻末に書かれた記載で,主として書写・校合・伝授などについて記す。また修補に関して書かれたものも奥書としてよい。何度か転写された場合には,そのたびごとに書写に関する奥書が加えられる(これを本奥書(ほんおくがき)という)。これによってその典籍の著者をはじめ,伝来の経路,性格を知ることができ,重要な記載である。版本の場合,巻末に出版の年月日,場所,出版者名などが簡単に記されているが,これを刊記(かんき)といい奥書と区別するのが普通である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おくがき【奥書】

記録・著述などの巻末左末尾に記してある筆写の年月日、書物の由来など。識語。
文書の末尾に記された記事。原則として本文とは異筆。文書の保証・承認の意味をもつ。
奥義の伝授証書。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

奥書
おくがき

書籍の末尾、文書の左端を奥とよび、そこに書かれた文をいう。巻子(かんす)、冊子(さっす)を問わず、書物の著作、書写のとき、あるいは宗教人が聖教(しょうぎょう)を弟子に授けて授法した際、年月日、その趣旨、由来、執筆者名などを書籍の末尾に記したが、これらを奥書とよんでいる。また琵琶(びわ)の伝授状は、曲譜とは別の単独のものでも奥書とよばれている。古文書の場合には、文書の奥に、本文に対する返事や指令、追て書、証判などを書くことがあるが、これを奥書という。[百瀬今朝雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の奥書の言及

【跋】より

…跋文,後跋(こうばつ),後序ともいう。そのほか後世につけ加えたりしたものもまとめて奥書(おくがき)という。それに対して,書物の巻頭にはしばしば序文(序,はしがきともいう)が付けられ,編著の経緯・次第のほか,その目的,謝辞などが記される。…

※「奥書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

奥書の関連キーワード書誌学句数グロッサリー源氏物語奥入皇典古写本別行川瀬一馬イギリス書誌学会《文学研究者のための書誌学入門》

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

奥書の関連情報