コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

元応 ゲンオウ

デジタル大辞泉の解説

げんおう【元応】

鎌倉後期、後醍醐天皇の時の年号。1319年4月28日~1321年2月23日。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

げんおう【元応】

年号(1319.4.28~1321.2.23)。文保の後、元亨の前。後醍醐ごだいご天皇の代。げんのう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんおう【元応】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1319年から1321年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は文保(ぶんぽう)。次元号は元亨(げんこう)。1319年(文保3)4月28日改元。後醍醐天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『唐書(とうじょ)』を出典とする命名。元応年間の鎌倉幕府の将軍は、鎌倉幕府最後の将軍となった守邦親王(もりくにしんのう)(9代)、執権は北条高時(たかとき)(14代)。後醍醐天皇は1318年(文保2)、花園(はなぞの)天皇の譲位を受けて即位したが、1321年(元亨1)まで父の後宇多(ごうた)法皇が院政を行った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

元応の関連キーワード正親町三条実仲一条局(2)続千載和歌集類聚神祇本源宇太水分神社覚誉入道親王荏柄天神縁起中御門経宣道順(1)小笠原政長花山院師信西園寺公顕道凞法親王花山院家定包国(1)巨勢有康赤松光範細川直俊可翁宗然長井貞縁

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元応の関連情報