元応(読み)ゲンオウ

大辞林 第三版の解説

げんおう【元応】

年号(1319.4.28~1321.2.23)。文保の後、元亨の前。後醍醐ごだいご天皇の代。げんのう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本の元号がわかる事典の解説

げんおう【元応】

日本の元号(年号)。鎌倉時代の1319年から1321年まで、後醍醐(ごだいご)天皇の代の元号。前元号は文保(ぶんぽう)。次元号は元亨(げんこう)。1319年(文保3)4月28日改元。後醍醐天皇の即位にともない行われた(代始改元)。『唐書(とうじょ)』を出典とする命名。元応年間の鎌倉幕府の将軍は、鎌倉幕府最後の将軍となった守邦親王(もりくにしんのう)(9代)、執権は北条高時(たかとき)(14代)。後醍醐天皇は1318年(文保2)、花園(はなぞの)天皇の譲位を受けて即位したが、1321年(元亨1)まで父の後宇多(ごうた)法皇が院政を行った。

出典 講談社日本の元号がわかる事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

元応の関連情報