コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土壌細菌 どじょうさいきん

百科事典マイペディアの解説

土壌細菌【どじょうさいきん】

土壌中にすむ細菌類の総称。広義には放線菌を含む。有機物の分解,硝酸化作用,脱窒作用などに関係する。土壌中の放線菌にはストレプトマイシンなど抗生物質を産生するものが多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉の解説

どじょう‐さいきん〔ドジヤウ‐〕【土壌細菌】

土壌微生物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

土壌細菌の関連キーワードエポネマイシンの癌増殖抑制マイコバクテリウムクラウンゴールTiプラスミド害虫抵抗性作物空中窒素固定遺伝子導入セルラーゼ有機質肥料MRSA亜硝酸菌硝化細菌窒素固定窒素循環水素細菌細菌学硝化菌硝酸菌根粒菌キナ酸

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android