コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土田宗悦 つちだ そうえつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

土田宗悦 つちだ-そうえつ

?-? 江戸時代前期-中期の蒔絵(まきえ)師。
京都の人。本阿弥(ほんあみ)光悦の作風をしたい,光悦の風にならった蒔絵をよくした。元禄(げんろく)(1688-1704)ごろに活躍。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

土田宗悦

生年:生没年不詳
江戸中期の蒔絵師。元禄年間(1688~1704)に京都に住む。本阿弥光悦の作風を慕い,模造を数多く制作したといわれる。なお,江戸後期の装飾技術について述べた『装剣奇賞』に,「土田半六 江戸赤坂住」とあり,この人物と宗悦の間に関連があるとみる説もあるが確証はない。<参考文献>風俗絵巻図書刊行会編『蒔絵師伝・塗師伝』

(小松大秀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android