土田宗悦(読み)つちだ そうえつ

朝日日本歴史人物事典の解説

土田宗悦

生年:生没年不詳
江戸中期の蒔絵師。元禄年間(1688~1704)に京都に住む。本阿弥光悦の作風を慕い,模造を数多く制作したといわれる。なお,江戸後期の装飾技術について述べた『装剣奇賞』に,「土田半六 江戸赤坂住」とあり,この人物と宗悦の間に関連があるとみる説もあるが確証はない。<参考文献>風俗絵巻図書刊行会編『蒔絵師伝・塗師伝』

(小松大秀)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android