コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

土田氏 つちだうじ

世界大百科事典 第2版の解説

つちだうじ【土田氏】

能登国羽咋(はくい)郡土田荘周辺(現在の石川県羽咋郡志賀町の南域付近)を開発本領とする中世能登国の豪族。治承・寿永の内乱に際し,1183年(寿永2)4月下旬,平氏派遣の追討軍と越前国燧谷(ひうちだに)で戦った北陸道の反乱軍のなかに〈土田〉氏がいたことが,《平家物語》などに見える。以後,土田氏の動きは鎌倉期には知られないが,南北朝内乱期の1340年(興国1∥暦応3)能登守護吉見頼隆(よしみよりたか)の軍奉行(いくさぶぎよう)に土田十郎右衛門尉が見え,同族の土田安察房(あぜちぼう)も吉見軍に従っており,当時,土田氏は吉見氏の有力被官となっていたらしい。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

土田氏の関連キーワード公人朝夕人司馬江漢

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android