土田(読み)ツチダ

  • どでん

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 収穫が出来なくなった田。
※菅浦文書‐文明二年(1470)六月日・近江菅浦惣庄前田作得分定書「旱水によんて土田之時者、七斗の内徳あるべからず
② 作稲のない田。どでん。
随筆・折たく柴の記(1716頃)中「彼結界の地に代ふるに、土田(つちだ)を以てして、その産業を得せしむるにはしくべからず」
(「つちた」とも) 姓氏の一つ。
〘名〙 田や。でんぱた。
※玩鴎先生詠物雑体百首(1794)高野山行送沙門良深帰木師「宸翰新賜興山額、土田永領豊公盟」 〔詩経‐大雅・崧高〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土田の関連情報