土田(読み)ツチダ

精選版 日本国語大辞典の解説

つち‐だ【土田】

〘名〙
① 収穫が出来なくなった
※菅浦文書‐文明二年(1470)六月日・近江菅浦惣庄前田作得分定書「旱水によんて土田之時者、七斗の内徳あるべからず候」
② 作稲のない田。どでん。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)中「彼結界の地に代ふるに、土田(つちだ)を以てして、その産業を得せしむるにはしくべからず」

つちだ【土田】

(「つちた」とも) 姓氏の一つ。

ど‐でん【土田】

〘名〙 田や畑。でんぱた。
※玩鴎先生詠物雑体百首(1794)高野山行送沙門良深帰木師「宸翰新賜興山額、土田永領豊公盟」 〔詩経‐大雅・崧高〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

土田の関連情報