(読み)いり

精選版 日本国語大辞典の解説

いり【圦】

〘名〙 水の出入りを調節できるように池などの堤に埋めた樋(とい)。水門。ひのくち。圦樋。楲(いい)。〔書言字考節用集(1717)〕

くれ【圦】

〘名〙 東国で、芝を土付きのまま取って、茅葺(かやぶき)の屋根などに植えつけたもの。すばきり。〔東雅(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる