コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

圧結晶作用 あつけっしょうさよう piezocrystallizatin

1件 の用語解説(圧結晶作用の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

圧結晶作用

マグマが直接応力条件に置かれ圧迫された状態で結晶作用を行なう際に使われる語で,変成作用再結晶作用行われる場合にも用いられる.普通の状態で形成され,単純な静水圧条件下で安定な火成岩の鉱物類は安定状態ではなくなる[Weinschenk : 1895, 1900].大きな応力条件下で結晶作用が行われたために,鉱物結晶が方向性をもって配列する岩石となる.ギリシャ語のpiezoは圧力のこと.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

圧結晶作用の関連キーワードマグマ溜まりミグマ-マグマ再生マグマ地下水マグマ性過程コノリスマグマ型斜長斑岩質マグマ型水マグマプロマグマコントラスト分化作用静マグマ分化作用

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone