コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

在り来 アリク

デジタル大辞泉の解説

あり・く【在り来】

[動カ変]年月を経て現在に至る。その状態で経過してきている。
「白妙に雪は降り置きて古(いにしへ)ゆ―・きにければ」〈・四〇〇三〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ありく【在り来】

( 動カ変 )
年月がたってずっと続いてきている。 「古いにしえゆ-・きにければこごしかも岩の神さび/万葉集 4003

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

在り来の関連キーワード在り来り万葉集

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android