白妙(読み)シロタエ

デジタル大辞泉「白妙」の解説

しろ‐たえ〔‐たへ〕【白妙/白×栲】

カジノキやコウゾの皮の繊維で織った白い布。しらたえ。
「―に舎人とねりよそひて」〈・四七五〉
(白妙)白。白い色。しらたえ。
「梅が枝に鳴きて移ろふうぐひすの羽―に沫雪あわゆきそ降る」〈・一八四〇〉
[類語]白色はくしょく純白雪白せっぱく雪白ゆきじろ雪色せっしょく乳色ちちいろ乳白色にゅうはくしょくミルク色灰白色かいはくしょく象牙色ぞうげいろホワイトオフホワイトアイボリー真っ白真白い真っ白い白い白白しらじら白白しろじろ白っぽい真っ白け生白いほの白い皚皚がいがい雪を欺く蒼白そうはく白白しい白皙はくせき色白白面白地しらじ白地しろじ

しら‐たえ〔‐たへ〕【白妙/白×栲】

しろたえ」に同じ。
「仏すらみかどかしこみ―の波かきわけて来ませるものを」〈日本紀竟宴和歌〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクション「白妙」の解説

しろたえ【白妙】

徳島の日本酒。蔵元の「名西酒造」は大正8年(1919)創業。所在地は名西郡神山町神領字西上角。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

動植物名よみかた辞典 普及版「白妙」の解説

白妙 (シロタエ)

植物。ツツジ科のオオムラサキの系統の枝変わり品種

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android