地下増温率(読み)チカゾウオンリツ

岩石学辞典の解説

地下増温率

地球内部への深さ方向に単位の距離当たりの温度上昇率.平均では30℃/kmであるが,地域によって極端に異なり,2.5℃/mから1℃/40mの場所もある[Spicer : 1942].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

サンセット条項

買収防衛策の妥当性を担保するため、一定期間ごとにその適否を株主に諮る仕組みのこと。サンセットとはSunset(日没)の意。 2005年5月に経済産業省及び法務省が公表した「企業価値・株主共同の利益の確...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android