コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地温勾配 ちおんこうばいgeothermal gradient

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地温勾配
ちおんこうばい
geothermal gradient

地中の単位深度差に対する温度増加の割合地表近くの浅いところでは,地温勾配は気温の影響を受ける。たとえば,地表から 1mぐらいまででは日周期の変化が,10mぐらいまででは年周期の変化が認められるが,数十m以深ではこのような周期変化はないとされている。地下数十 kmぐらいまでの地温勾配は,だいたい 100mあたり数度であるが,火山や温泉地帯などの特殊な場所を除いても,地域性をもっており,それは地質構造に密接に関係していると考えられている。地温勾配は,その場所の熱伝導率,比熱および熱源分布などによって異なる。数十m以深の大陸での平均的地温勾配は,3×10-2℃/m である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちおん‐こうばい〔チヲン‐〕【地温勾配】

地中の温度が深さとともに上昇する割合。地表の浅いところでは、100メートルごとに1~3ケルビン程度上昇する。一方、深度100キロメートル以深ではマントル対流により勾配は小さく、1キロメートル毎に1ケルビン程度上昇する。地下増温率

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

地温勾配【ちおんこうばい】

地下増温率とも。地下へ深さを増すにつれ温度が増大する割合。場所によりまちまちで,深さ1km増すごとに5〜70℃というばらつきを示す。平均は約30℃。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ちおんこうばい【地温勾配】

地球内部に近づくにつれ温度が上昇する、その割合。地温上昇率。地下増温率。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

地温勾配
ちおんこうばい
geothermal gradient

地下の温度が深さとともに上昇する割合。場所によってかなりの差があるが、普通、1キロメートルにつき10~40℃程度である。地表付近の地温は、気温の変化の影響を大きく受けるので、正確な地温勾配を知るためには、深いボーリング孔か井戸の中での測定が必要である。地温勾配とその場の岩石の熱伝導率の積は、地下から地表に向かって熱伝導により運ばれる熱量であり、地殻熱流量とよばれる。[吉井敏尅]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

地温勾配の関連キーワード海洋底変成作用表面熱流量物理探査変成作用深層熱水温度勾配火成作用地中温度地温探査変成帯地中地熱

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android