コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地下水バイパス ちかすいばいぱす

知恵蔵miniの解説

地下水バイパス

東京電力福島第一原子力発電所における汚染水の増加を抑えるために、国と東京電力が行う対策。2011年3月の原子力事故以降、同発電所では山側から海側に向かって流れる地下水原子炉建屋に流入して、メルトダウンした燃料を冷やした後の水と混ざり、汚染水を増やす原因となっている。こうした地下水を汚染水と混ざる前に建屋の山側で汲み上げて海に放出し、原子炉建屋への流入量を減少させるというもので、14年5月に初めて実施された。これにより、1日約400トンずつ増えている汚染水のうち、最大100トン程度を減らすことができるとされている。

(2014-5-23)

出典|朝日新聞出版知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地下水バイパスの関連情報