コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地主手作り じぬしてづくり

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地主手作り
じぬしてづくり

貸付地を所有する者が人を雇ってみずから耕作を行うこと。明治以降では所有地を小作地として貸付けるとともに自作もする形態のことを耕作地主とか自作地主と呼んでいる。特に「地主手作り」という用語を使う場合は,明治中期頃まで各地に存在していた雇い人によって自作を行う形態をさし,一般にその時代の平均規模を上回る土地を所有し比較的大規模の農業経営者が行う耕作のことをいった。明治後期以降になると,人手を確保しにくいことと,小作地として貸付けるほうが有利になったことで寄生地主化が進行した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

地主手作りの関連キーワード才蔵記豪農

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android