自作(読み)ジサク

デジタル大辞泉の解説

[名](スル)
自分で作ること。また、自分で作ったもの。「自作した脚本で映画を撮る」「自作自演」
自分の所有する田畑を自分で耕作すること。また、その人。自作農

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

スル
自分ひとりで作ること。手作り。自製。
「自作農」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 自分で作ること。また、そのもの。手作り。手製。
※今昔(1120頃か)六「此の人、亦、身に工の能有て、自作に尺迦・阿彌陀二仏の像を造て、供養し奉れり」
※風姿花伝(1400‐02頃)三「自作なれば、言葉・振舞、案の内なり」
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「自作(ジサク)の漢詩」 〔詩邶鄘衛譜〕
② 自分の所有地で耕作すること。また、その人。自作農。⇔小作
※地方凡例録(1794)四「尤田畑は地主方にて自作致とも、小作にいるるとも勝手次第なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

自作の関連情報