人手(読み)ヒトデ

デジタル大辞泉の解説

ひと‐で【人手】

人の手。人間のしわざ。「人手の加わっていない原生林」
働く人。働き手。「人手が余る」
他人の力。他人の働き。「人手に頼る」「人手を借りる」
他人の手中。他人の所有。「田畑を人手に渡す」「所蔵の絵画が人手に渡る」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひとで【人手】

人の手。人のしわざ。 「 -が加わる」
他人の手。他人の所有。 「 -に渡る」
他人の力。他人の助け。 「 -を借りる」
働く人。労働力。 「 -が足りない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひと‐で【人手】

〘名〙
① 人のしわざ。人間の所業。人工。
※輔親集(1038頃)「ひとてには染むとも見えぬ紅葉はの色は錦に立ぞまされる」
他人の手。他の人の力。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※歌舞伎・四天王楓江戸粧(1804)四立「年貢をはかるときや、人手(ヒトデ)をかりて小唄ぶし」
③ 働く人。働きて。
※御伽草子・あきみち(室町末)「これほどの岩あなをこしらへたまふに、人でまいらではあるべき」
④ 他人の手。他人の所有。
※俳諧・毛吹草(1638)六「声よきは人手に渡る小鳥哉〈光有〉」
⑤ 植物「うまのあしがた(馬足形)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

プレッパー

非常事態に備え、食糧や自衛のための武器・弾薬などを過度に備蓄している人のこと。「備える(prepare)」から生まれた言葉で、2012年現在では米国に最も多く存在し全米で300~400万人にのぼるとみ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

人手の関連情報