コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地域間連携線 チイキカンレンケイセン

デジタル大辞泉の解説

ちいきかん‐れんけいせん〔チヰキカン‐〕【地域間連携線】

沖縄電力を除く9電力会社の管区間をつなぎ電力を融通する高電圧送電系統。位相の異なる電力系統を連係するための周波数変換所などの設備をもつ。地域間連携設備

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

地域間連携線の関連キーワード沖縄電力

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android