地廻船(読み)じまわりぶね

精選版 日本国語大辞典の解説

じまわり‐ぶね ヂまはり‥【地廻船】

〘名〙
※長器論(1801)「我見馴たる山々をのみ眼当となし、土地の周廻に附纏ひ渡海するを主とせり。俗にこれを地廻船と云」
② 大坂、江戸など大都市の近郷にあって、その大都市との間の物資運送にあたった小廻しの廻船。
※増補日本汐路之記(1770)「両川共、地廻船・田舎船毎日入津・出帆夥敷事なれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android