コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

廻船 かいせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

廻船
かいせん

江戸時代,沿海定期航路に就航した大型貨物船 (廻漕船) 。起源は中世にさかのぼるが,当初は行商船をさした。江戸時代に入ると,商品流通の展開と相まって全国的規模に発展した。おもなものに江戸-大坂菱垣廻船 (ひがきかいせん) ,樽廻船,東北地方の城米を江戸に運んだ奥羽廻船,北陸,蝦夷地の海産物,肥料を大坂に運んだ北国廻船 (→北前船 ) などがあり,地方には地廻 (じまわり) 廻船があった。なかでも菱垣,樽両廻船は隆盛をきわめ,単に廻船といえば両者をさすほどであった。江戸時代おもな物資輸送機関であったこれらの廻船も,明治以降,汽船,鉄道の出現により次第に衰えた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

廻船
かいせん

商品を売って回る荷船の称で、「廻船」の語は鎌倉初期1206年(建永1)の文書に初めてみえる。商業がようやく盛んとなった鎌倉時代に、全国的な商品流通に応ずるため商品の海上輸送に従事する廻船が現れ、南北朝を経て室町時代になると、問丸(といまる)の発達とともにその活動はますます活発となり、海運は大いに隆盛となった。江戸時代になると、経営形態のいかんを問わず、貨物を輸送する海船を総称して廻船とよぶようになり、御座船や川船などとも区別した。普通200石積み以上の大型廻船を東廻(ひがしまわり)海運や西廻海運などの大廻(おおまわ)しに用い、それ以下を近距離航路の小廻し船とした。大型廻船はいわゆる千石船であるが、正式には弁才船(べんざいぶね/べざいせん)とかベザイ造りとよばれる、和船の代表的船型のものをさす。もともと日本の船は、おもに櫓(ろ)を漕(こ)いで進み、条件がよければ帆走する、というのが航法の原則であった。江戸前期も、まだ伊勢(いせ)船、二成(ふたなり)船、北国(ほっこく)船、羽賀瀬(はがせ)船などのローカルな大型廻船が主力をなし、いずれも帆走の比重を高めていたとはいえ、風の悪いときの櫓走は必須(ひっす)のものであった。したがって漕ぎ手としての水主(かこ)を多数必要とし、1000石積みで20人から25人くらいを乗り組ませていた。しかし17世紀末ごろから瀬戸内海で発達してきた弁才船が、帆走専用の荷船として広く用いられるようになり、これらローカル船をしだいに駆逐していった。弁才船は、1000石積みで水主15人前後にまで省力化でき、江戸後期には横風や逆風時の帆走技術も上達して、航海速力を著しく向上させた。江戸―大坂間を頻繁に往復した菱垣(ひがき)廻船や樽(たる)廻船、また北海道と大坂との間を往来した北前船(きたまえぶね)などは、その代表的なものであった。菱垣廻船や樽廻船は、300石積みの廻船から出発し、当初江戸―大坂間を平均30日くらい要したが、幕末期には1500石積みから1800石積みにまで大型化し、その所要日数も平均12~13日、順風のときは3、4日にまでスピードアップした。しかもその稼働率も、年平均4往復から8往復にまで倍増して、江戸―大坂間の商品流通量を増大させた。
 廻船の経営形態については、運賃積みと買い積みとがあり、菱垣廻船、樽廻船、御城米積船などは前者を、北前船などは後者を代表した。明治以後は汽船に圧倒されて、東京―大阪間の菱垣廻船や樽廻船は明治10年以後しだいにその姿を消していったが、日本海、瀬戸内海を往来した北前船は明治30~40年まで活躍した。[柚木 学]
『須藤利一編著『船』(1968・法政大学出版局) ▽豊田武・児玉幸多編『交通史』(1970・山川出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

廻船の関連キーワード大江八幡神社の御船行事菱垣廻船(菱垣回船)船問屋(ふなどいや)浦廻船(浦回船)樽廻船(樽回船)塩廻船(塩回船)内海(愛知県)廻船(回船)大坂屋伊兵衛嘉納 治郎作海事史料叢書二十四組問屋嘉納治郎作菜の花の沖廻(回)船糸荷廻船帆別運上出来分限新綿番船菱垣造り

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

廻船の関連情報