コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球ニュートリノ ちきゅうにゅーとりの geoneutrino

1件 の用語解説(地球ニュートリノの意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

地球ニュートリノ

地球内部から届く素粒子ニュートリノ。東北大などのグループは、岐阜県神岡鉱山地下の観測装置カムランドで電子型の反ニュートリノを検出したと2005年7月発表した。地殻などが含むウラントリウムの崩壊過程で放出されたらしい。これらの崩壊は地球の熱源とされており、その生成粒子の検出は地球内をのぞく新しい窓となる。ニュートリノの物理学は、超新星天文学と、今回の観測で地球物理学とつながった。

(尾関章 朝日新聞記者 / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

地球ニュートリノの関連キーワード電子ニュートリノ素粒子ニュートリノ天文学太陽ニュートリノニュートリノ振動ミューニュートリノアイスキューブ大気ニュートリノレプトン数保存則タウニュートリノ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone