コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球接近天体 ちきゅうせっきんてんたいNear Earth Object; NEO

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地球接近天体
ちきゅうせっきんてんたい
Near Earth Object; NEO

地球に接近し衝突する可能性のある彗星小惑星。 1991年1月,ごく小さな小惑星が地球から 17万 kmまで接近,94年3月には直径 20kmの小惑星が 16~18万 km,さらに 96年5月には直径 300kmの小惑星が 45万 kmのところを通過した。こうした小惑星や彗星が地球に衝突した場合,地球の全生命は絶滅するといわれ,地球接近天体の探査と対策が議論にのぼるようになった。 94年アメリカ航空宇宙局 NASAが専門委員会を設置したのをはじめ,95年にはハワイのハワイ山頂に観測施設を建設,96年には地球に接近する小惑星の観測網を形成する「スペースガード財団」がイタリアに設置された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちきゅうせっきん‐てんたい〔チキウセツキン‐〕【地球接近天体】

地球近傍天体

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

地球接近天体の関連キーワードパンスターズNEO

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地球接近天体の関連情報