地球接近天体(読み)ちきゅうせっきんてんたい(英語表記)Near Earth Object; NEO

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地球接近天体
ちきゅうせっきんてんたい
Near Earth Object; NEO

地球に接近し衝突する可能性のある彗星小惑星。 1991年1月,ごく小さな小惑星が地球から 17万 kmまで接近,94年3月には直径 20kmの小惑星が 16~18万 km,さらに 96年5月には直径 300kmの小惑星が 45万 kmのところを通過した。こうした小惑星や彗星が地球に衝突した場合,地球の全生命は絶滅するといわれ,地球接近天体の探査と対策が議論にのぼるようになった。 94年アメリカ航空宇宙局 NASAが専門委員会を設置したのをはじめ,95年にはハワイのハワイ山頂に観測施設を建設,96年には地球に接近する小惑星の観測網を形成する「スペースガード財団」がイタリアに設置された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android