コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

探査 タンサ

4件 の用語解説(探査の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たん‐さ【探査】

[名](スル)未知の物事について、さぐり調べること。「鉱脈の有無を探査する」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

たんさ【探査 exploration】

未知の対象物を探ることをいうが,一般に離れた所から調べる意味合いで使われることが多く,宇宙探査,海洋探査,資源探査などのようにいう。とくに高度の技術的背景のあるとき,このことばが好んで用いられている。原理的に対象物を非接触で探る場合には,対象物からなんらかの物理的あるいは化学的影響を受けとり観測することになるが,物理的現象を用いるものにリモートセンシング物理探査技術などがある。それぞれ電磁場,重力,磁力場,音波,地震波などを観測する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たんさ【探査】

( 名 ) スル
さぐり調べること。 「宇宙-機」 「資源を-する」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

探査
たんさ
explorationprospecting

工学的用語というよりも普通名詞の語感が強く、科学的方法により対象現象を、文字どおり探りを入れて調べることである。従来、有用な地下資源である石油・天然ガス金属鉱床、石炭層などの地質構造を探すことを探鉱と表現していたが、探す対象の多様化により、最近では探鉱を含めて探査が一般的に用いられている。しかし、語義の内容が拡張されたために不明確になるので、接頭語をつけて内容を限定している。探査に用いる方法や方式と、探査を適用する場所と対象を並記することが多い。方法には物理探査化学探査地化学探査)などがあり、適用する場所には地表、地中、空中、海洋などがある。対象には石油・天然ガス、石炭、金属鉱床、地熱、地下水、断層破砕帯などがある。もちろん、鉱床の探査では探鉱という場合も多い。また探査の対象は地球のみでなく、宇宙の現象にも拡張されて用いられるようになった。[吉住永三郎・芦田 讓]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の探査の言及

【鉱山】より

…また戦争など国策的な理由で,採算を度外視しても採掘を行わなくてはならない場合もある。
[鉱床の探査]
 鉱山の開発はまず,鉱床の探査,発見から始まる。鉱床の大部分が地下深くにあるために,鉱床を探す仕事にはいろいろと困難な問題が存在し,地質学,物理学,化学など総合的な知識の活用が必要である。…

【探鉱】より

…金属,石炭,石油などの鉱床の存在を調べ評価すること。同義に使われることもある〈探査〉はより広義である。探鉱法には,地質学的調査のほか,物理探査や,岩石,土壌,地下水等の化学分析による地球化学的方法などがある。…

※「探査」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

探査の関連キーワード考慮集合モチベーション・リサーチ比量韻を探るエックス柑橘腹を探る光駕知的生命未知の地平線

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

探査の関連情報