コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地球観測システム計画 ちきゅうかんそくシステムけいかくEarth Observing System; EOS

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

地球観測システム計画
ちきゅうかんそくシステムけいかく
Earth Observing System; EOS

地球の北極域から南極域にかけて,ほぼ南北に飛行する軌道 (極軌道) に大型の衛星 (プラットフォーム) を打ち上げるNASA次世代地球観測計画。その主目的は,地球の包括的・総合的な研究のために必要な地球科学データの長期的な収集を行なうことにある。現在,NASAでは,EOS-Aおよび EOS-Bの2種類のプラットフォーム打ち上げ計画があり,それぞれ異なる観測機器の組み合わせが考えられている。1号機である EOS-Aは,1998年に打ち上げられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone