コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

極軌道 きょくきどうpolar orbit

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

極軌道
きょくきどう
polar orbit

南北両極の上空を通る人工衛星軌道。この軌道の衛星は,地球の自転のため,世界全域の上空を通過するので,軍事用の偵察衛星気象衛星,あるいは極付近の宇宙線オーロラなどを観測する科学衛星などに使われている。アメリカの気象衛星ノアが代表的。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

きょくきどう【極軌道】

人工衛星の公転軌道面と赤道面の交差角度が90度、またはそれに近い軌道。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の極軌道の言及

【人工衛星】より

… 人工衛星の軌道はこのように,その形状から,円軌道,(長)楕円軌道,放物線軌道,双曲線軌道に分類されるほか,軌道の高度や周期により,低高度軌道,静止軌道などと呼ばれることもある。なお,軌道傾斜角が90度の軌道は極軌道polar orbitという。
[軌道のずれ]
 人工衛星の軌道は,完全真球中心力場,完全真空中では慣性系に固定されるが,実際には,さまざまの影響によりしだいに変化していく。…

※「極軌道」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

極軌道の関連キーワードマーズグローバルサーベイヤールナリコネサンスオービターイギリス国立宇宙センタースペースシャトル飛行記録極軌道プラットフォーム地球観測システム計画空中発射有翼ロケットディスカバラー衛星気象衛星センターコロンブス計画極軌道気象衛星スペース望遠鏡ディスカバラーユリシーズ計画ランドサット太陽同期衛星SELENE静止気象衛星海洋大気圏庁LCROSS

極軌道の関連情報