地祇(読み)ちぎ

精選版 日本国語大辞典「地祇」の解説

ち‐ぎ【地祇】

〘名〙 国土の神。くにつかみ。
※令義解(718)神祇「凡天神地祇者。神祇官皆依常典祭之」
※評判記・色道大鏡(1678)一二「母の命にかはらんと、天帝地祇(チギ)にこれを祈る」 〔史記‐司馬相如伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の地祇の言及

【国津神】より

…地祇(くにつかみ∥ちぎ)とも書く。天津神(あまつかみ)に対して称される。…

【国津神】より

…地祇(くにつかみ∥ちぎ)とも書く。天津神(あまつかみ)に対して称される。…

【后土祠】より

…中国で大地をまつるやしろをいう。后土は皇天に対する語で,地祇(ちぎ),皇地祇ともいう。天と地のまつり(郊祀(こうし))と祖先のまつり(宗廟(そうびよう))とは旧体制の中国において最重要の国家祭祀であった。…

※「地祇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android