コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

地祇 チギ

デジタル大辞泉の解説

ち‐ぎ【地×祇】

地の神。国土の神。国つ神。⇔天神

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ちぎ【地祇】

地の神。国土の神。くにつかみ。 ↔ 天神天神地祇

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の地祇の言及

【国津神】より

…地祇(くにつかみ∥ちぎ)とも書く。天津神(あまつかみ)に対して称される。…

【国津神】より

…地祇(くにつかみ∥ちぎ)とも書く。天津神(あまつかみ)に対して称される。…

【后土祠】より

…中国で大地をまつるやしろをいう。后土は皇天に対する語で,地祇(ちぎ),皇地祇ともいう。天と地のまつり(郊祀(こうし))と祖先のまつり(宗廟(そうびよう))とは旧体制の中国において最重要の国家祭祀であった。…

※「地祇」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

地祇の関連キーワード五ヵ条の誓文平他字類抄八十魂の神祭祀大権天神地祇宮中三殿天神信仰皇天后土天地神明天つ社神嘉殿中和院后土祠歳旦祭オボー国津神新嘗祭神殿祭国神三礼

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

地祇の関連情報