国つ神(読み)くにつかみ

精選版 日本国語大辞典「国つ神」の解説

くにつ【国つ】 神(かみ)

孫系の々に対し、天孫降臨以前からこの国土に住み、その土地を守護する神。国土を守護する神。また、その子孫地神。その土地の自然、生活に密着する、自然神的性質が強い。
古事記(712)上「須佐之男命〈〉『等は誰ぞ』と問ひ賜ひき。の老夫答へ言さく、『僕(やつかれ)は国神(くにつかみ)、大山津見神の子ぞ』とまうす」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「国つ神」の解説

くに‐つ‐かみ【国つ神/地祇】

天孫降臨以前からこの国土を治めていた土着の神。地神。→あまつ神
あれは―、大山津見の神の子ぞ」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android