コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

国つ神/地祇 クニツカミ

デジタル大辞泉の解説

くに‐つ‐かみ【国つ神/地祇】

天孫降臨以前からこの国土を治めていた土着の地神。→天(あま)つ神
「僕(あれ)は―、大山津見の神の子ぞ」〈・上〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

国つ神/地祇の関連キーワードサルタヒコノカミ(猿田彦神)中臣鎌子物部尾輿天神信仰葦原中国天神地祇荒ぶる神国つ御神手摩乳荒振神脚摩乳高天原国つ社天つ神国津神后土地祇伏す神祇

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android