坂本善三(読み)さかもと ぜんぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

坂本善三 さかもと-ぜんぞう

1911-1987 昭和時代の洋画家。
明治44年3月15日生まれ。昭和6年独立美術協会第1回展から出品,22年独立賞をうけ,24年同会会員となる。32-34年渡仏。帰国後,抽象画に転じた。43年九州産業大教授。昭和62年10月14日死去。76歳。熊本県出身。帝国美術学校(現武蔵野美大)中退。作品に「連帯」「黒の構成」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

きゃらぶき

魚貝類や野菜類をしょうゆで佃煮(つくだに)のように煮るものをきゃら煮というが、きゃらぶきは、フキの茎をきゃら煮風に煮たもので、初夏のフキを用いてつくるのがよい。フキの葉を切り落とし、茎は日干しにしてか...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

坂本善三の関連情報