抽象画(読み)チュウショウガ

  • ちゅうしょうが チウシャウグヮ
  • ちゅうしょうが〔チウシヤウグワ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 事物の写実的再現ではなく、純粋な点・線・面・色彩による表現をめざした絵画。→抽象芸術
※虹(1962)〈伊藤整〉七「世界中の画壇が抽象画のさまざまな流派に分れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

抽象画の関連情報