抽象画(読み)ちゅうしょうが

精選版 日本国語大辞典「抽象画」の解説

ちゅうしょう‐が チウシャウグヮ【抽象画】

〘名〙 事物の写実的再現ではなく、純粋な点・線・面・色彩による表現をめざした絵画。→抽象芸術
※虹(1962)〈伊藤整〉七「世界中の画壇が抽象画のさまざまな流派に分れて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「抽象画」の解説

ちゅうしょう‐が〔チウシヤウグワ〕【抽象画】

事物の写実的な再現ではなく、点・線・面・色彩それ自体のもつ表現力を追求した非具象的な絵画。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android