コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

垂統秘録 すいとうひろく

1件 の用語解説(垂統秘録の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すいとうひろく【垂統秘録】

佐藤信淵が,先行する著《経済要略》第4〈垂統〉の内容を詳細に述べ,国家の理想像を描いた書。口述(1832年ころと推定)を息信昭と門人大久保融が筆記したもの。死後1857年(安政4)成る。5編のうち3編は消失し,六府,小学校の2編が残る。日本全国に〈三台,六府〉を設け,人民を〈草,樹,鉱,匠,賈,傭,舟,漁〉の八業に分属させる,一種の国家社会主義的な日本像を提起した。《日本思想大系》所収。【塚谷 晃弘

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

垂統秘録の関連キーワード桂誉重経済要録経世家佐藤信淵山相家山相学佐藤信景佐藤信季佐藤信則突っ張り先行

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone