コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

佐藤信淵 さとうのぶひろ

8件 の用語解説(佐藤信淵の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

佐藤信淵
さとうのぶひろ

[生]明和6(1769).6.15. 出羽,西馬音内
[没]嘉永3(1850).1.6. 江戸
江戸時代後期の農政学者。通称百祐,字を元海,号は椿園,融斎,松庵。幼少から父信季と各地を旅行して見聞を広め,のち江戸に出て儒学,国学,神道を,また本草学,蘭学を宇田川玄随大槻玄沢に学んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さとう‐のぶひろ【佐藤信淵】

[1769~1850]江戸後期の経済学者。出羽の人。字(あざな)は元海。宇田川玄随平田篤胤(ひらたあつたね)らに師事。その学問は農政・物産・海防・兵学・天文・国学など広範に及んだ。著「経済要録」「農政本論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

佐藤信淵【さとうのぶひろ】

江戸後期の経世家。字は元海,通称は百祐,号は椿園など。出羽の人。宇田川玄随に本草学・蘭学を学び,儒学を井上仲竜,天文暦数を木村泰蔵,神道を吉川源十郎,国学を平田篤胤に学ぶ。
→関連項目経世家調所広郷鳥羽藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

佐藤信淵 さとう-のぶひろ

1769-1850 江戸時代後期の経世家,農学者。
明和6年6月15日生まれ。佐藤信季(のぶすえ)の長男。宇田川玄随に蘭学,本草学を,吉川源十郎に神道を,平田篤胤(あつたね)に国学をまなぶ。著述は農政から統一国家経営論におよんだ。嘉永(かえい)3年1月6日死去。82歳。出羽(でわ)雄勝(おがち)郡(秋田県)出身。字(あざな)は元海。通称は百祐(ももすけ)。号は椿園,松庵など。著作に「経済要録」「農政本論」など。
【格言など】小を積みて大となす(「経済要略」)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

佐藤信淵

没年:嘉永3.1.6(1850.2.17)
生年:明和6(1769)
江戸後期の経世家。字は元海,通称百祐。椿園,祐斎,融斎,松庵,万松斎などと号す。出羽国雄勝郡西馬音内村(秋田県羽後町)に佐藤信季の長男に生まれる。3代あるいは5代の家学を称するが,これは信淵の作為である。13歳より父に伴われ諸国を遊歴,父が足尾で客死すると,天明4(1784)年16歳で江戸に出て宇田川玄随に蘭学を学び,木村桐斎より天文,地理,暦数,測量などを,また井上仲竜に儒学を学んだ。さらに諸国を遊歴して学を深めたという。文化5(1808)年阿波(徳島)藩家老集堂氏の食客として徳島において『海防策』『西洋列国史略』などを著す。その後上総国大豆谷村(千葉県東金市)に住み,文化12年平田篤胤に入門した。同じころ神道方吉川源十郎に入門,神道講談所問題に連座し江戸払いとなった。文政期(1818~30)にその著作活動は活発となり,『天柱記』『鎔造化育論』において平田国学を吸収し,科学的知識非合理的な天地開闢説に結びつけ,「産霊神」の神意を強調。また『農政本論』『経済要略』において産霊神を生産力の原理とする経済論を展開,さらに『混同秘策』と『垂統秘録』では経済危機解消のための統一国家の構想と,日本中心思想の上に立つ海外侵略方策を展開した。天保4(1833)年禁を冒して江戸に入ったためさらに江戸10里四方追放となり足立郡鹿手袋村(埼玉県浦和市)に蟄居した。このころには経世家としての名声は高くなっていた。弘化3(1846)年許されて江戸に戻り,子信昭宅に同居し著述を続け,82歳で没した。<参考文献>尾藤正英・島崎隆夫『安藤昌益佐藤信淵』(日本思想大系45),羽仁五郎『佐藤信淵に関する基礎的研究』

(沼田哲)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

江戸・東京人物辞典の解説

佐藤信淵

1769〜1850(明和6年〜嘉永3年)【経世家】江戸の「東京」改称を提案した、幕末の経世学者。 江戸後期の経世家で農政学者。出羽国出身。父とともに奥羽、関東を遊学。江戸で蘭学、天文・測量術を学び、47歳のとき平田篤胤に師事。農政・物産・海防・兵学など多くの論説を著し、重商主義絶対主義的な国家社会主義の構想を説く。江戸を「東京」と改称し都を置く、二都制を提唱したことでも知られる。著書に『経済要略』など。

出典|財団法人まちみらい千代田
監修:江戸東京博物館 都市歴史研究室長 北原 進
(C) 財団法人まちみらい千代田
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

さとうのぶひろ【佐藤信淵】

1769‐1850(明和6‐嘉永3)
江戸末期の経世家。字は元海,通称百祐,椿園・融斎・松庵等と号す。羽後雄勝郡の人。農政学者の父信季と13歳より諸国を巡歴,16歳で父を失い遺言により江戸に出て,蘭学・本草学を宇田川玄随,儒学を井上仲竜,天文地理を木村泰蔵に学ぶ。のち神道を吉川源十郎,国学を平田篤胤に師事,影響を受けた。彼の所説は,太宰春台・林子平・本多利明らの業績を継承し,当時の蘭学・国学の成果を吸収して,自己の家学(農政・経済・物産・兵学・天文地理等広範にわたる)を集大成したものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

佐藤信淵
さとうのぶひろ
(1769―1850)

江戸後期の経世家。羽後(うご)の処士。字(あざな)は元海(げんかい)、通称は百祐(ももすけ)、号は融斎(ゆうさい)、万松斎(ばんしょうさい)、松庵(しょうあん)、椿園(ちんえん)。出羽(でわ)国雄勝(おがち)郡西馬音内(にしもない)村(秋田県羽後町)に生まれる。若くして江戸に出て、儒学、蘭学(らんがく)を学び、四方に遊歴して学を深め、さらに平田学をも学んだ。文化(ぶんか)期(1804~1818)以降、兵学・対外策に関する著作、『農政本論』をはじめとする農政、農学、諸産業学の著作、『宇内(うだい)混同秘策』『天柱記』(1822~1825間に成立)『経済要録』『垂統秘録』(1857成立)など、政治経済論から宇宙論に至るまで活発な著作活動を展開した。天保(てんぽう)期(1830~1844)には、天保の改革を意識し、『復古法概言』などの改革策を打ち出している。
 信淵の思想に対しては毀誉褒貶(きよほうへん)が甚だしい。佐藤家父祖4代の独創的家学を大成したと自称した点や、生涯には疑問が多い。彼の学問は広範な読書による他書からの影響が濃い。儒学は古学派の系統に属し、蘭学の知識を吸収し、さらに平田篤胤(ひらたあつたね)より形而上(けいじじょう)学を学び、これらを一丸として自己の家学を集大成したと考えられる。そこには復古的農本主義的傾向と重商主義的傾向、科学的知識と神道的形而上学とが習合された特異な思想がみられるが、中央集権的権力による生産力の開発、流通過程の掌握を軸とした統一国家の形成と富国強兵・海外経略を構想した点は近世経世論として注目される。[島崎隆夫]
『尾藤正英・島崎隆夫編『日本思想大系45 安藤昌益・佐藤信淵』(1977・岩波書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の佐藤信淵の言及

【印旛沼】より

…第3回目の工事のおもな目的は,老中水野が,掘割の川幅をめぐって町奉行兼勘定奉行鳥居忠耀と対立したさい,利根川を航行した全長27m,幅5mにおよぶ高瀬船を通行させるために河床の幅を10間(18m)とすることを主張していることから,水運にあったと考えられる。佐藤信淵は,1833年に著した《内洋経緯記》のなかで印旛沼掘割工事に触れ,新田開発と同時に,房総半島,常陸,さらには奥羽の物資を浦賀水道を通ることなく江戸に運ぶことを可能にする点を指摘し,江戸防備の観点からその意義を論じている。外国艦船の江戸湾封鎖による海運の途絶が引き起こす江戸の大混乱についての当時の識者の指摘,海防掛目付井戸弘道が,その対策の観点から印旛沼工事を論じていること,ペリー来航のさいにも掘割工事の再開が論議されていることなどから考えると,外国の対日侵攻,その江戸湾封鎖による物資廻漕の途絶,それによる江戸市中の大混乱と幕府の危機を乗り切るため,常総,奥羽の物資を浦賀水道を利用することなく江戸に供給することを可能にする,銚子→利根川→印旛沼→検見川→江戸の水運ルートの設定を意図した海防政策の一環といえよう。…

【羽後[町]】より

…三輪神社本殿および境内社の須賀神社本殿,江戸中期の民家鈴木家住宅は重要文化財に指定されている。江戸後期の経世家佐藤信淵の出生地と伝えられ,信淵文庫がある。【佐藤 裕治】。…

【開物思想】より

…その内容は当時行われていた中国の重要産業を網羅し,それらについて知識人向けの解説を行ったものである。 朝鮮でも李朝時代に〈実事求是〉をスローガンとする実学派があったが,こうした大陸からの影響もあって,日本でも17世紀には熊沢蕃山が儒学を単なる名分論ではなく,利用厚生論として発展させ,18世紀には富永仲基や大坂の懐徳堂派の学風が町人的実学を進め,さらに皆川淇園,林子平,工藤平助,本多利明,佐藤信淵などの開物思想家が輩出した。それは信淵によれば,〈国土を経営し,物産を開発し,境内を豊饒にし,人民を蕃息せしめる業〉という国土開発・産業開発の事業を展開させようとする考え方であった。…

【海防論】より

…この流れから,一方では積極的な開国論が現れる。本多利明佐藤信淵は,海運,交易を官営として,殖産貿易を発展させ,領土を海外へ拡張することを主張し,信淵はそのための国家制度変革の青写真すらを描いた。彼らには生産と交易,交易と領土拡張が未分化のままとらえられているが,重商主義的と評されるその構想は,西洋強国への対抗策であると同時に,そのまま国内の経済的危機克服策であった。…

【上総国】より

…農業生産の面では,1604年(慶長9)春,代官島田伊作により雄蛇ヶ池(東金市)が完成して水利を便にし,8代将軍徳川吉宗の享保改革における殖産興業政策の一環として東金地方に大規模な開墾が行われた。農政家佐藤信淵が寛政ころ上総を遊歴し,山辺郡大豆谷(まめさく)村(東金市)の農家に滞在して耕種樹芸を営み,医業を開くなどの動きもあった。 小藩割拠の当国において,窮乏する旗本の知行地では農民の騒擾事件が起こっているが,1785年(天明5)金谷村(富津市)農民太左衛門が旗本白須氏に減租を訴え,のち太左衛門が獄死した事件や,1750年(寛延3)阿部正甫知行夷隅郡押日5ヵ村の農民が不作用捨を願い門訴し,頭取杢右衛門が斬罪となった事件が知られている。…

【経済要略】より

…江戸後期の経世家佐藤信淵の経済論の成立期における,その知識,思想体系の全貌を知る書。1822年(文政5)成立。…

【経世済民論】より

…彼の商業・交易の重視は,藩や国内を超えて万国交易へと進み,鎖国体制の否定にまでいきついた。つづく佐藤信淵(1769‐1850)は平田神道の影響をとりいれ,天皇中心の絶対主義国家を志向する。彼の晩年には1837年(天保8)のモリソン号事件,40年のアヘン戦争があり,利明の描いた理想的・平和的な西洋像と異なって,情勢は血なまぐさいものとして映った。…

【垂統秘録】より

佐藤信淵が,先行する著《経済要略》第4〈垂統〉の内容を詳細に述べ,国家の理想像を描いた書。口述(1832年ころと推定)を息信昭と門人大久保融が筆記したもの。…

【草木六部耕種法】より

…幕末の佐藤信淵の主著。全20巻。…

【農政本論】より

…江戸後期の農業・財政の困窮を救うために行われるべき農業政策・制度を記した書。佐藤信淵が1829‐32年(文政12‐天保3)に筆記,薩摩藩の重臣猪飼氏に奉呈した。初中後の3編,各編は上中下3巻より成る。…

※「佐藤信淵」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

佐藤信淵の関連キーワード畑中西山岡田鶴川広渡湖秀諸木蔀山渡辺松臺渡辺秀詮栗本翠庵伊星双缶斎藤抱山経世家

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone