経済要略(読み)けいざいようりゃく

世界大百科事典 第2版の解説

けいざいようりゃく【経済要略】

江戸後期の経世家佐藤信淵の経済論の成立期における,その知識,思想体系の全貌を知る書。1822年(文政5)成立。上下2巻。大部著書《経済要録》(1827成立)に先行し,諸侯のとるべき政策,彼の宇宙論,天文地理から農学・農政論,鉱山学,交易流通論にいたるまでの信淵の思想の体系的整理が行われている。および総論第一,創業第一,開物第二,富国第三,垂統第四から成る。〈経済トハ,国土ヲ経営シ,物産ヲ開発シ,部内ヲ富豊ニシ,万民ヲ済救スルノ謂ナリ〉に始まる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android