垂線の足(読み)すいせんのあし

精選版 日本国語大辞典の解説

すいせん【垂線】 の 足(あし)

直線、または平面垂線がその直線、または平面と交わる点。垂足
※零の発見(1939)〈吉田洋一〉直線を切る「直角の頂点Aから対辺に下した垂線の足をDとすると」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android