城 左門(読み)ジョウ サモン

20世紀日本人名事典の解説

城 左門
ジョウ サモン

大正・昭和期の詩人,小説家



生年
明治37(1904)年6月10日

没年
昭和51(1976)年11月27日

出生地
東京・神田駿河台

本名
稲並 昌幸

別名
別名(小説家)=城 昌幸(ジョウ マサユキ)

学歴〔年〕
日本大学芸術科中退

経歴
詩人としては城左門、作家としては城昌幸。詩人として大正13年「東邦芸術」を創刊、以後「文芸汎論」なども創刊し、「パンテオン」などにも参加し、昭和5年「近世無頼」を刊行。他に「恩寵」やヴィヨンの翻訳詩などがある。作家としては大正14年「その暴風雨」を発表し「殺人婬楽」「死者の殺人」などのほか「若さま待捕物手帖」などの捕物帖がある。その一方で、昭和21年から「宝石」編集長として活躍し、宝石賞をもうけるなど、新人養成につとめた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

城 左門 (じょう さもん)

生年月日:1904年6月10日
大正時代;昭和時代の詩人;小説家
1976年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android