コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基岩 きがん

大辞林 第三版の解説

きがん【基岩】

構築物の基礎地盤を構成する岩石。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

岩石学辞典の解説

基岩

地球表面の,風化したか部分的に風化した未固結の物質に覆われた下部にある固体の岩石の一般的な名称[Grabau : 1920].土壌層の下にある岩石を硬軟にかかわらず呼ぶ名称.この岩石が,その上にある土壌のもとになる場合は母岩というので,基岩の方は母岩より広い意味で使われる[渡辺編 : 1935].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

基岩の関連キーワード石灰岩植物アワルア鉱残積土壌ナイル川探鉱井基盤

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android