基本的パーソナリティ構造(読み)きほんてきパーソナリティこうぞう(英語表記)basic personality structure

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

基本的パーソナリティ構造
きほんてきパーソナリティこうぞう
basic personality structure

アメリカの精神医学者 A.カーディナーが文化人類学者 C.デュボア,R.リントンと協力しバンド社会の実証研究を行なって提出した学説。ある社会で共通の育児としつけに従って育てられた成員は,その共通の幼時体験によってパーソナリティのなかに共通の構造をもつようになる。その部分をカーディナーらは基本的パーソナリティ構造と呼んだ。さらに,基本的パーソナリティの背景となる社会関係,すなわち育児としつけにおける母子関係,家族関係,衣食住確保の様式,性的関係などを称して,第1次的制度 primary institutionと名づけた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android