基督(読み)キリスト

精選版 日本国語大辞典「基督」の解説

キリスト【基督】

(Christo 元来khristos (油を注いで清められた者の)に由来) イエス尊称であったが、のちにはイエスその人をさすようになった。耶蘇(やそ)。イエス‐キリスト
病者を扶くる心得(1593)二「御出世なされたるでうすひいりよ、ぜず‐きりしと」
[語誌]日本伝来当時はキリシトであったが、江戸時代後期からキリストとなった。中国イエズス会士によって、音訳語「基利斯督」およびその略語「基督」がつくられ、日本においても明治初年から、「基督」が当て字として新教系の刊行物(片仮名表記「キリスト」を採用した邦訳聖書を除く)で用いられ、明治中期までには一般的表記法として確立した。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android