病者(読み)びょうじゃ

精選版 日本国語大辞典「病者」の解説

びょう‐じゃ ビャウ‥【病者】

〘名〙 (「びょうしゃ」とも) 病気にかかっている人。病者人。病人。病者もの。びょうざ。ぼうざ。
※延喜式(927)四二「凡京中路辺病者孤子〈略〉随便必令送施薬院及東西悲田院」 〔魏書‐長孫稚伝〕

びょう‐ざ ビャウ‥【病者】

〘名〙 (「ざ」は「じゃ」の直音表記) 病人。びょうじゃ。ぼうざ。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「ほとほとしきびゃうざをなんもて侍りて」

やまい‐もの やまひ‥【病者】

〘名〙 病気にかかっている者。病人。
※狂言記・緡縄(1660)「あのやうな病者(ヤマヒモノ)ををこして、迷惑をさしゃる事じゃ」

ぼう‐ざ バウ‥【病者】

〘名〙 病気にかかっている人。病人。びょうじゃ。
※源氏(1001‐14頃)夕顔「はうさのことを思う給へあつかひ侍る程に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「病者」の解説

やまい‐もの〔やまひ‐〕【病者】

病人。びょうしゃ。
「あのやうなる―をおこして、迷惑をさしゃる事ぢゃ」〈狂言記・緡縄〉

ぼう‐ざ〔バウ‐〕【者】

《「ぼうさ」とも》病人。
「―のことを思う給へあつかひ侍るほどに」〈・夕顔〉

びょう‐しゃ〔ビヤウ‐〕【病者】

《「びょうじゃ」とも》病気にかかっている人。病人。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例