コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

基線長 きせんちよう,きせんちょう

1件 の用語解説(基線長の意味・用語解説を検索)

カメラマン写真用語辞典の解説

基線長

 レンジファインダー(距離計)カメラで、距離計窓の中心とファインダー窓の中心の間の距離を言う。この基線長が長いと、望遠レンズ側での測距精度がとくに向上する。とはいえ重要なのは有効基線長。これは基線長にファインダー倍率をかけ算したもの。たとえば、基線長が60mmでファインダー倍率が0.75倍であれば、有効基線長は45mmということになる。いくら基線長が長くても、ファインダー倍率が小さいと有効基線長は短くなり、それだけ測距精度が低下する。

出典|カメラマンWeb
解説は執筆時の情報に基づいており、現時点で最新の内容であることを保証するものではありません。

基線長の関連キーワードファインダー視野率レンジファインダーレンジファインダー・カメラレンジファインダーカメライメージファイバー距離計連動カメラノーファインダーユニバーサルファインダー有効基線長

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone