コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堀の小万(初代) ほりの こまん

1件 の用語解説(堀の小万(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

堀の小万(初代) ほりの-こまん

?-? 江戸時代後期の芸者。
江戸浅草山谷堀の船宿武蔵屋から16歳で座敷にでる。美人で芸もすぐれ,酒につよく巻き舌で啖呵(たんか)をきった。はじめは客受けがよくなかったが,大田南畝(なんぽ)にひいきにされ,南畝の狂歌「詩は詩仏書は米庵に狂歌乃公(おれ)芸妓小万に料理八百善」で評判もたかまる。35歳で引退。本名はお松。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

堀の小万(初代)の関連キーワード柏葉亭栄傘車田中東峰玉川正寿坪井直勝不染北幸万歳逢義紫掛益蘭室