コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

啖呵 タンカ

デジタル大辞泉の解説

たん‐か【××呵】

3が原義》喧嘩をする際などの、勢いよく言葉が飛び出す歯切れのよい言葉。
香具師(やし)が品物を売るときの口上。
(「痰火」と書く)せきと一緒に激しく出る痰。また、ひどく痰の出る病気。
「―は胸にせきのぼせば」〈浄・歌祭文
[補説]「呵」は当て字

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たんか【啖呵】

喧嘩けんか・口論の時、相手に向かって言う威勢のいい、鋭い言葉。
香具師やしなどが品物を売る時の口上。 〔「弾呵だんか」か。「痰火たんか」の転とする説もある〕
[句項目] 啖呵を切る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

啖呵
たんか

鋭くて歯切れのよいことば。また威勢よくまくし立てる江戸っ子弁をいう。とくに「啖呵を切る」という成語で用いられることが多く、胸のすくような、鋭く、歯切れのよい口調で相手にまくし立てることをいう。語源については、「痰火(たんか)」から転じたとする説が有力である。「痰火」は痰の出る病、あるいは咳(せき)を伴って激しく出る痰をいい、のどや胸につかえた痰が切れて、胸がすっきりした状態を「痰火を切る」ということから、「痰火」に「啖呵」をあて、先に述べた「啖呵を切る」というようになったといわれる。また、仏語「弾呵(だんか)」からの転語説もある。弾は弾劾、呵は呵責(かしゃく)を意味し、維摩居士(ゆいまこじ)が十六羅漢や四大菩薩(ぼさつ)を閉口させた故事による天台宗の方等部の教意で、自分だけが成仏(じょうぶつ)すればよいとする小乗の修行者の考えを強くたたき、しかりつけることをいい、転じて「啖呵」の字をあて、相手を激しくののしることの意となったとされる。[棚橋正博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

啖呵の関連キーワード港家 小柳(4代目)東家浦太郎(初代)浪花節の芸風と用語堀の小万(初代)天衣紛上野初花梅雨小袖昔八丈助六由縁江戸桜京山 若丸春日 清鶴侠客春雨傘土手のお六痰を切る春日清鶴弁天小僧蓮實重彦冨士月子香具師魚河岸浪花節服部伸

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

啖呵の関連情報