コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

堰板/関板 セキイタ

1件 の用語解説(堰板/関板の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

せき‐いた【×堰板/関板】

建築の基礎工事や土木工事で、掘削した所の土が崩壊しないように設ける土留め用の板。
コンクリートを流し込み、所定の形に固まるまで流出しないように設ける型枠。
弓の弭(はず)に当てる木。額木(ひたいぎ)。
(関板)屋根をふく粗末な板。板の継ぎ手を羽重(はがさ)ねにして、上を桟で打ちつけたもの。また、縦横に竹を打って石などをのせておく粗末な板屋根。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone