コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塗り壁 ぬりかべ

2件 の用語解説(塗り壁の意味・用語解説を検索)

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

ぬりかべ【塗り壁】

漆喰(しっくい)・モルタル・壁土などを塗る、湿式工法仕上げた壁。◇「左官壁」ともいう。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リフォーム用語集の解説

塗り壁

モルタル、漆喰、プラスター、土などを塗って仕上げた壁のこと。メリットとして、断熱性・保温性の高さ、調湿効果、仕上げによる様々な表情を演出できる。自然素材なので体にも地球にも優しいということが挙げられる。一方、ひび割れが入りやすく、乾くまで時間がかかるので、工期が長く、メンテナンスが大変である。

出典|リフォーム ホームプロ
Copyright(c) 2001-2014 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

塗り壁の関連キーワード石灰モルタルラスボードラスモルタル塗壁塗屋左官工事(建設業許可の一種)防水モルタルモルタルコテ押えモルタル刷毛引モルタルリシン掻き落とし

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

塗り壁の関連情報