塚造(読み)ツカツクリ

デジタル大辞泉の解説

つか‐つくり【塚造】

キジ目ツカツクリ科の鳥の総称。全長50~70センチでずんぐりしている。落ち葉や砂などで塚状の大きな巣を作って卵を産み込み、その発酵熱などを利用して卵をかえす。十数種がオーストラリア・ミクロネシアに分布。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

つかつくり【塚造】

キジ目ツカツクリ科に属する一群の鳥の総称。体長20~80センチメートル。ずんぐりした体形の地上性の鳥。土や腐葉で直径8メートル、高さ3メートルに及ぶ巨大な塚を作り、その中に卵を埋め、太陽熱と発酵熱で孵化させる。熱帯太平洋の諸島やオーストラリアの森林にすむ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

塚造 (ツカツクリ)

学名:Megapodius freycinet
動物。ツカツクリ科の鳥

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android