コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塚造 ツカツクリ

デジタル大辞泉の解説

つか‐つくり【塚造】

キジ目ツカツクリ科の鳥の総称。全長50~70センチでずんぐりしている。落ち葉や砂などで塚状の大きな巣を作って卵を産み込み、その発酵熱などを利用して卵をかえす。十数種がオーストラリア・ミクロネシアに分布。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つかつくり【塚造】

キジ目ツカツクリ科に属する一群の鳥の総称。体長20~80センチメートル。ずんぐりした体形の地上性の鳥。土や腐葉で直径8メートル、高さ3メートルに及ぶ巨大な塚を作り、その中に卵を埋め、太陽熱と発酵熱で孵化させる。熱帯太平洋の諸島やオーストラリアの森林にすむ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

塚造 (ツカツクリ)

学名:Megapodius freycinet
動物。ツカツクリ科の鳥

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

塚造の関連キーワード金峯山経塚難波精一郎福本達雄嶋本昭三宝塚大学発酵熱崔洋一太陽熱一群作り

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android