コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

塩基性硫酸銅 えんきせいりゅうさんどうbasic copper sulfate

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

塩基性硫酸銅
えんきせいりゅうさんどう
basic copper sulfate

オキシ硫酸銅ともいう。酢酸カリウムを加えた硫酸銅水溶液を煮沸すると得られる青緑結晶。化学式 CuSO4・3CuO 。水に不溶,希酸に可溶。天然の鉱物は CuSO4・3Cu(OH)2 (ブロシャン鉱) または CuSO4・3Cu(OH)2・H2O (ランジャイト) 。銅像などの緑青の大部分も,成分は塩基性硫酸銅 CuSO4・3Cu(OH)2 である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone